30周年記念事業「ラオスにおける自立支援施設」

南リジョンは、30周年記念事業として、国連ハビタット福岡本部(アジア・太平洋担当)とのパートナーシップによる、ラオス南部の村(アタプー県)における「自立支援ハウス」の建設に取り組んできました。
このハウスは、地元の女性たちによって運営されます。女性のための識字教室、起業支援研修、技術研修、健康教室、女性グループの集会所、子供のための寺子屋など、「女性と子供たちの自立や機会向上」のために使われる予定です。

(写真提供:国連ハビタット福岡本部)